マルチポリフェノールの良いとこ・悪いところ

理研ビタミンの自信作が『マルチポリフェノール』

こんにちは、お勧めの “ヘルスケア情報” をお伝えする「Hear's LIFE」の横山です。

今回は、理研ビタミンの自信作【マルチポリフェノール】の特徴や良いところ・悪いところを探っていきたいと思います。

また最後のほうで、とってもお得なキャンペーン情報……

・お試しに最適!……「トライアルパック」キャンペーン

・長く続けたい人にに最適……「定期コース」キャンペーン

の情報もご紹介しますので、【マルチポリフェノール】で損しないためにも、どうぞお見逃しのないようにしてくださいね。

理研ビタミンの【マルチポリフェノール】とは?

痩せ体質が目指せると最近評判になっているポリフェノール。

この成分は植物や海藻、えびや蟹の殻などに含まれていて、食べた時に苦味や渋さを感じることがあります。

ポリフェノールが体に良いと言われていている理由は、この成分に活性酸素を減らす力があるためです。

活性酸素が増える原因には紫外線、大気汚染、ストレスといった環境的な問題の他にも、喫煙や睡眠不足など生活習慣、食品に含まれている添加物などが関係しています。

活性酸素は特別な原因によって増えているのではなく、普段通りの生活を送っているうちに増えてしまうものなので、少しずつ細胞が破壊されていって老化現象を招いてしまうのです。


そんな中でお勧めしたいポリフェノールのサプリメントが、長年にわたる海藻の健康効果の研究により、海藻ポリフェノールには「脂肪分の多い食生活を 強力にサポートする」チカラがあることを発見した、理研ビタミンのマルチポリフェノールなんです。

このマルチポリフェノールには、4種類のポリフェノールが配合されています。

和食で良く使われている、海藻や大豆、茶に含まれているポリフェノールを使用しているので私たちの食生活となじみ深く、お試しやすいところがポイントです。

同じように抗酸作用を持つ成分には、水溶性のビタミンCや脂溶性のビタミンEがあり、水を多く含む細胞にはビタミンC、脂質を多く含む部分にはビタミンEといった具合に、それぞれ活躍できる範囲が限られてしまいます。

ポリフェノールは水と油の両方に馴染む性質があり、これらのビタミンを超える抗酸化力を持っているので、体のサビを抑えるには最適な成分です。

自然界で発見されているポリフェノールの数は5000以上もあり、種類によって違った効果を発揮するため、様々な種類のポリフェノールを摂取することは健康や美容を考える上ではとても効果的です。

マルチポリフェノールは色々な種類のポリフェノールが同時に摂れるので、野菜不足や食事の偏りが気になる方におすすめです。

老化を加速すると言われ有毒物質扱いされている活性酸素ですが、侵入した細菌やウイルスから体を防御することが本来の役割です。

そのため体内には、活性酸素の暴走を抑制するSOD酵素が存在しています。

ところが、SOD酵素は加齢によって量が減ってしまうため、ポリフェノールのような抗酸化成分を外部から摂ることが、活性酸素を抑えるための重要なカギを握っています。

ポリフェノールは皮や甲羅など、食べないで捨ててしまうところに多く含まれているので、食べ方を工夫すると成分を摂取しやすくなりますが、そう簡単に毎日食べ物から摂取することも出来ませんね。

そこでマルチポリフェノールの出番というわけです。

【マルチポリフェノール】が選ばれる理由!

では、マルチポリフェノールに含まれてる成分を、詳しく見ていきましょう。


■海藻ポリフェノール

昆布やわかめなどの海藻に含まれているポリフェノールは「フロロタンニン」といって、分子サイズが大きいという特徴があります。

このポリフェノールが注目されている理由は、消化酵素であるリパーゼの働きを阻害するためです。

リパーゼは脂肪を分解して吸収しやすくする酵素であり、リパーゼによって分解されなかった脂肪は吸収されないまま体外に排出されてしまいます。

このような海藻ポリフェノールの働きはダイエットに役立つことから、スタイルアップを目指す時に利用したい成分です。


■ぶどうポリフェノール

ぶどうに含まれているポリフェノールには、皮に多く含まれている「レスベラトロール」、種子に多く含まれている「プロアントシアニジン」があります。

強力な抗酸化作用があることから、加齢による悩みを解消する目的で使用されていて、食品では皮や種子をそのまま使用している赤ワインなどから摂取できる成分です。

動物性脂肪分を多く含む料理を食べているフランス人に心臓病の確立が少ないのは、赤ワインの効果によるものと考えられています。

この現象は「フレンチパラドックス」と呼ばれていて、肉中心の食生活を送っている人におすすめしたい成分です。


■茶カテキン

緑茶における渋味の元となっている茶カテキンには抗菌作用があり、菌の繁殖を抑える働きがあることから、消臭や抗アレルギーに利用されています。

茶カテキンは代謝を活性化してエネルギーの消費量を高めるという研究報告があり、脂肪燃焼をサポートしてくれる成分だと注目を集めています。

運動不足や食べ過ぎなどで増えてくる悪玉コレステロールを減らす効果も期待できるので、メタボ体質を何とかしたい時におすすめです。


■大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには抗酸化作用により悪玉コレステロールを抑えて血流を良くする、といった一般的なポリフェノールの働き以外に、エストロゲンと同じような効果を発揮するという特徴があります。

女性ホルモンのエストロゲンは、肌や髪をキレイな状態に整える、ホルモンバランスを安定させてイライラや憂鬱などの不定愁訴を緩和する、骨の代謝を正常化してカルシウムの流出を抑え骨密度を安定させる、などの働きがあります。

女性のためのポリフェノールという印象が強い大豆イソフラボンですが、エストロゲンは男性にも分泌されているホルモンで、性別に関係なく必要とされている物質です。

【マルチポリフェノール】の効果的な飲み方!

マルチポリフェノールは、1日4粒を目安に毎日摂取することが基本となります。

そして注意しないといけないのは、マルチポリフェノールを飲むときには、ポリフェノールの吸収を妨げる成分と一緒に摂らないようにすることです。

残念なことに相性が良くないのは、牛乳やヨーグルトのような乳製品です。

抹茶ミルク、赤ワインとチーズといった組み合わせは、素材の味を引き出し合うメニューなので、乳製品とポリフェノールは相性が良さそうな気がするかもしれません。

しかし、乳製品に含まれているタンパク質のカゼインはポリフェノールと結合してしまうため、成分の吸収が悪くなってしまいます。

サプリメントは薬と違って飲むタイミングが自由ですが、牛乳などカゼインを含んでいる飲み物や食品と同じタイミングで飲むことは控えるようにしましょう。

その一方でポリフェノールは鉄分の吸収を阻害してしまう性質があるので、日頃から鉄分不足を感じているような場合は鉄分を摂取した後、しばらく時間を置いてからマルチポリフェノールを飲むことをおすすめします。

マルチポリフェノールと相性が良いのは、ビタミンCやビタミンE、ベータカロテンといった成分で、抗酸化作用を高める効果が期待できます。

ダイエットのためにマルチポリフェノールを飲むなら、食事の前、または食事と同時に飲んでみましょう。

脂肪の分解を妨げるためには、食後に飲んでも手遅れになってしまいます。

マルチポリフェノールを飲むタイミングが早すぎても意味がなくなってしまうので、食事の30分前から直前くらいに飲むことをおすすめします。

ただ、タンニンには胃腸を活発にする役割があるので、空腹時に飲むと胃が荒れてしまうことがあります。

胃が疲れている時や胃腸が弱っている時には、食事と一緒にマルチポリフェノールを飲んだ方が胃腸にかかる負担が軽くなります。

そして一番大事なのは、毎日飲むことです。

ポリフェノールは体に摂り込んでから数時間程度の持続性はあるものの、脂肪のように体に蓄積される成分ではないので、食品やサプリメントなどでこまめに成分を摂取しないことには十分な効果を得られません。

ビタミン類よりも抗酸化作用が強いことがポリフェノールの特長ですが、まずは飲み忘れないようにすることが、成分の効果を引き出す最大のポイントになります。

毎日飲むタイミングを決めて習慣づけしてみたり、スマートフォンのタイマーを付けておくといった工夫は飲み忘れ対策になるので試してみてください。

【マルチポリフェノール】の良いところ!

マルチポリフェノールを製造している理研ビタミンは、スーパーでよく見かける水に浸しておくと増量するわかめや、ノンオイルドレッシングでお馴染みです。

食の安全にこだわっている食品メーカーが作ったサプリメントだけあって、原材料や製造工程における安全性が高いところが良いところです。

マルチポリフェノールは天然素材を原材料に使用していて、1日の目安量は4粒、小粒で飲みやすいサイズになっています。

若々しさを保つ秘訣はバランスよく栄養を摂ることが大事だと言われています。

ポリフェノールはフルーツや野菜にたくさん含まれている成分ですが、野菜はともかくフルーツをたくさん食べるとなると、気になってくるのは摂取カロリーです。

マルチポリフェノールなら1日の目安量である4粒のカロリーは約3kcalなので、ダイエット中でもカロリーを気にせずにポリフェノールが摂取できます。

マルチポリフェノールに入っている成分は脂肪の吸収を抑える効果が期待できるので、ダイエット中でも好きな物を我慢したくない人や、運動をしても上手く痩せられなかった人に向いています。

運動をすれば消費エネルギーが増えるので痩せるのは当たり前だと思うかもしれませんが、若い頃ならともかく、年を重ねるごとに運動機能と基礎代謝が落ちてくるので、目標の体重に近づくまでには相当な運動や食事制限が必要になります。

こうして運動をしている時の辛さと、食べたい物をガマンしているストレスがピークを迎えると、ダイエットが続けること自体が面倒になってしまいます。

憂鬱な気持ちになりながら食事の管理や運動を続けるのはメンタルヘルス的にも良くないので、無理のない方法で続けることが最善のダイエットになります。

ポリフェノールには脂肪の吸収を妨げながら消費エネルギーを増やしていく力があるので、ハードな運動や長時間体を動かすことが苦手な人や、日常生活で既にストレスを抱えている人にとって嬉しい効果を発揮してくれる成分です。

「頑張ってウォーキングを続けているのに、体重に変化がない」

「食事をガマンしているのに効果が出ない」

という人にも、マルチポリフェノールは向いています。

ポリフェノールは過酸化脂質にも効果的なので、血行が悪くなって体が冷えやすくなっている時や、たるみやくすみなどの肌老化が目立ってきた時にも最適な成分です。

過酸化脂質が多くなってくるとアレルギーや皮膚炎を招いてしまうので、手軽に使えるマルチポリフェノールで体質改善を目指しましょう。

【マルチポリフェノール】の悪いところ!

ポリフェノールによって痩せ体質に変えられると評判のマルチポリフェノールですが、飲むだけで今までとは全く違う体質になるということはありません。

なぜかというと、マルチポリフェノールはあくまでも体質を変えるためのサポートをするだけだからです。

もちろん脂肪の吸収を妨害したり、コレステロールを少なくして血流を促進したりする効果は認められていますが、マルチポリフェノールだけに頼って暴飲暴食を繰り返していたり、運動不足のままでいたりすると、成分の効果は実感できません。

でも、できることなら簡単に体質を変えていきたいので、今までと変わりない生活を送りながら健康的になれるサプリメントが理想です。

無茶な願いかもしれませんが、食事制限や運動をしなくても痩せられるなら、それが一番です。

飲むだけで痩せられないのはマルチポリフェノールの悪いところですが、実はひと手間加えることで意外とあっさり効果が実感できたという口コミもあります。

食べたい物をガマンするのではなく、1食あたりの食事量を少なめにして1日の摂取カロリーを抑えてみる、半身浴でお風呂にゆっくり浸かって汗を流す、寝る前に軽く腹筋をしてみる、自動車や電車に乗る代わりに歩いていく、といったやり方は単独ではダイエット効果が弱いような気がするかもしれませんが、マルチポリフェノールと組み合わせることで効果が高まってきます。

そしてもう一つ、悪いところというよりも注意したいところになりますが、マルチポリフェノールには大豆イソフラボンが入っています。

この大豆イソフラボンは1日70~75mgの範囲内で摂ることが推奨されています。

私たちがよく食べている食品には大豆由来の物が多く、豆腐や納豆、油揚げといった加工食品の他に、味噌や醤油などの調味料があります。

ただし、この目安量は継続して摂取した場合の上限ですから、豆腐一丁と納豆一パックを毎日食べるといった大豆尽くしの食生活を続けない限り、成分を摂り過ぎてしまうことはありません。

このように食品だけで過剰摂取になる心配はほとんどないので、気を付けたいのはサプリメントから大豆イソフラボンを摂取する場合です。

特定保健用食品からの摂取量は、1日30mgが目安になっています。

マルチポリフェノールに含まれている大豆イソフラボンは4粒あたり18mgなので、過剰摂取になる可能性は低くなっています。

【マルチポリフェノール】のキャンペーン情報

~「お試しパック」と「定期購入」~

今ならマルチポリフェノールではキャンペーンを実施していて、お試しに最適な「トライアルパック」キャンペーンと、長く続けたい人にとってもお得な「定期コース」キャンペーンが用意されています。

「トライアルパック」は10日間のお試しが可能で、税込980円でマルチポリフェノールが利用できます。

このお試しセットは、粒の大きさやサプリメントの匂いと味をチェックしたい時に便利です。

一方、しっかり続けてマルチポリフェノールの効果を確かめたい人は、「定期コース」がぴったりです。

定期購入を選ぶと通常価格が4,546円のところ、初回分が半額の税込2,273円になります。

このコースは4回以上続けることが条件になっていますが、初回分と一緒に10日間お試しできるトライアルパックが付いてくるので、かなりお得です。

2回目からは10%OFFで購入できて、6回続けると特典でプレゼントがもらえます。

ポリフェノールのサプリメントが初めての方、また、今までつかっていたポリフェノールサプリで満足できていない方も、どうぞこの機会に理研ビタミンの『マルチポリフェノール』をお試しになってみて下さい♪


「トライアルパック」キャンペーン

通常価格:1,515円 ⇒ 980円(約35%OFF!)

マルチポリフェノール【トライアルパック】キャンペーンサイトはコチラへ



「定期コース」キャンペーン

通常価格:4,546円 ⇒ 2,273円(初回半額!)

マルチポリフェノール【定期コース】キャンペーンサイトはコチラへ



■LINK■
  • マルチポリフェノール
    マルチポリフェノールのメーカーサイト | 理研ビタミン株式会社
  • ポリフェノールの効果や摂取量について | 成分辞典.com
    苦味や渋味があるのが特長で、自然界には約4000種類以上のポリフェノールがあるといわれています。植物は厳しい環境のなか、強い紫外線など、さまざまなダメージにさらされています が、そんなトラブルから身を守り、若い細胞をつくりだす働きを助けているのがポリフェノールです。